【危険物取扱者 乙種五類】多忙で暗記が苦手な人向けのための勉強法

目的

この記事では危険物取扱者 乙種四類の合格者が科目免除を用いて危険物取扱者 乙種五類に合格するための勉強法を示す。
特に多忙で暗記が苦手な人の参考になれば幸いである。

【危険物取扱者 乙種五類】多忙で暗記が苦手な人向けのための勉強法

乙種の1種類に合格すると受験科目の「危険物に関する法令」と「基礎的な物理学及び基礎的な化学」の試験を免除することが可能であり,該当する類の「危険物の性質ならびにその火災予防及び消火の方法」のみを受検すれば良い。
つまり,乙種三類を受検する場合は,その類の危険物であるピクリン酸やアジ化ナトリウムなどの特徴を暗記し,試験でそれらをアウトプットすれば良いのである。
時間をかけた分だけ参考書の内容を暗記することが出来る人は,是非ともそのままの勉強法を継続して欲しいと思うが,仕事で多忙な社会人は,暗記に必要な集中力と時間を捻出することが難しいのではないだろうか。
乙種四類の受験でも感じた通り,「危険物の性質ならびにその火災予防及び消火の方法」は完全な暗記試験であり,覚えた内容が出題されれば得点につながるし,覚えていない内容が出題されれば失点につながる。
つまり,運の要素も絡んでくることから,勉強のモチベーションを保つことも難しい。
そこで筆者は暗記を片手間で出来るようハードルを低くするため,持続可能な取り組みができるよう下記段階を設定し,それぞれの段階に対応した暗記作業をこなしていくことを提案する。

勉強を始めたばかりの黎明期

Youtube聞き流しをひたすら行い土台を構築する。
お勧めチャンネルは「篠原好」,「けみちるちゃんねる」であり,個人的には「篠原好」チャンネルが楽しく簡潔に学べて一押しである。

少し知識が定着し始めた頃

Youtube聞き流しに飽きてきたらスマホアプリのクイズアプリにて1項で学んだ内容が定着しているかを確認する。
個人的には「りすさんシリーズ」,「危険物乙3類問題集」が有料ながらもお勧めである。
Youtube聞き流しで知識を蓄え,クイズアプリでアウトプットする。

そこそこ知識が定着し始めた頃

クイズアプリで大体7割程度の正解出来るようになったら,間違えた問題の分析を始める。
スクリーンショットで間違えた問題を保存し,定着していない知識を表に纏める。
表は変更履歴を作成すると共に危険物と特徴のみを簡潔に纏めていく。

 試験直前

1~3項の作業を集中的に行う。
3項で作成した表はよく見直す。

危険物取扱者 乙種五類の暗記表

ORG:’22/5/11

危険物名 特徴
ジニトロペンタメチレンテトラミン アセトン,メタノール,水,アセトンに僅かに溶ける
加熱すると窒素などが発生する
酸との接触により発火する
硫酸ヒドロキシルアミン 強い還元剤であるため,酸化剤との接触は避ける
アルカリ物質が存在すると爆発的な分解が生じる
ピクリン酸 黄色の結晶
乾燥状態での保存は危険。含水状態とする。
引火性有り
アゾビスイソブチロニトリル 加熱するとシアンガスが発生する